ブラインドタッチ

先日お打ち合わせをしたお客様から「キー操作が遅いんです」というご相談を受けました。このお客様は一度キータッチの講習に行った方がいいかどうかお悩みでしたが、見ている感じそれほど遅くも感じませんでした。

ただお客様は「ブラインドタッチ」ができないことを気にしているようでした。…いやいや、僕もできませんから。^_^;

そりゃ、ブラインドタッチは出来ないより出来た方がいいです。でも、それはあくまで手段であって目的じゃないんですよね。自分がやりやすい方法で、きちんと早く正確に打ててれば何の問題もありません。

僕なんかは完全に「逆ブラインドタッチ」です。要は、見ているのはキーボードの方なんですが、頭の中に打ち込んだ文字列が全て再現できているんです。打ち間違いも含めてね。ですから、誤字にきちんと気が付きますし、修正も早いです。

まぁ結局はやりやすいのが一番で、形式にはこだわらなくてもいいってことですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です