切り口

本日はスタッフと次の10年を見越した会議をしていたんですが、その最中に弊社のお客様が来社されました。仲の良いお客様ですので、「うちはどうなっていった方がいいですかね?」とぶっちゃけて聞いてみましたが、さすがに異業種からの視点は参考になります。

どんな会社にも差別化というかUSPが必要でそれが無いと生き残っていけないんですが、弊社はそれが「売れるホームページの作成」であり「実際に反応を出す」ということだったんですね。でもそれがここ10年の間に陳腐化してしまったようで、「反応を取るなんてのはもう当たり前の話で、それじゃ差別化はできない。もっと+αの何かが必要」と言われてしまいました。

まだまだこの業界には、それほどお客様の方を見ていない会社も多いです。だから、そういう会社につかまらないような警告も含めて「うちは”実際に”反応を出すことを主としています」ということを打ち出し続けていたんですが、それではもう差別化はできないんですかね…。

まぁ確かに実際に反応を出していてもいなくても、どんな会社も「ホームページで打ち上げアップ」とか「ホームページで続々集客」なんて打ち出してきていますし、それこそ詐欺的な会社の方がそういう煽り文句はヒドイですから、そういう切り口での差別化はもう難しいのかもしれません。

そうやって考えると大事なのはうちの持ち味であるトータル的なサポート、お客様に寄り添ったサポート、かゆいところに手が届くサポートになってくるような気もしますが、そういうのが見え難いという指摘も受けました。確かに…実際にうちがやってることってコンサル的なことも多いんですが、そういうのもお客様の売り上げに結び付くものですからもっとそれを打ち出していった方がいいような気もします。

まぁ色々な意見も取り入れて、本当に求められているものも分析しながら少し悩みたいと思いますが、この記事をお読みの方でもし何か「ホームページ作成会社には、今こういうことを求めてるんだよ」というものがあれば是非教えて下さいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です