決めるも断つも

決断っていうのは、「やりたいと思っている」とかじゃなくて「やると決める」ことです。(もしくは「やらないと決める」でもいいです。)決めるのも断つのもまたそれはひとつの判断…大切なのは覚悟を決めて、どちらかに決めることです。

そして一旦やると決めたら、きちんと行動しなくてはいけません。意思だけ決めても、動かなくてはいつまで経っても先送りされてしまいます。それは結局「決まってない」のと同じことです。

意思を表示するだけなら結構簡単です…自分の思いとか気持ちだけの話ですから。でも、実際に「決断」をする際には、ある程度の「覚悟」を持たなくてはいけません。それがなければ、それは絵に描いた餅で終わってしまいます。

決める時は動くことを前提に決める、そして決めたらきちんと動く…これが出来て初めて、決めたり断ったりすることができるんですね。

人生は選択の連続ですが、大事な判断の時は適当に判断せず、きちんと「決断」をしていきたいものです。

コメント

  1. Lurch より:

    重要で後戻りできない決断はできるだけ先送りしたいので
    概ねヒコーキの離陸時と同じ、引き返せなくなる要件をみつけて、そこまで悩みます。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A2%E9%99%B8%E6%B1%BA%E5%BF%83%E9%80%9F%E5%BA%A6

    決めた後でも、間違いに気付いたら、続けた場合とやめた場合の損害を天秤にかけて、後戻りする勇気が必要な時もあります。
    たいてい、言い出しっぺは恨まれますが^^;

  2. folksworks より:

    悩むのはいいことですね。大いに悩んで決めればいいんです。そして引き返すのも別に悪い事ではありません。それは動いたゆえの判断なわけですから、それはそれで「決断」です。大事なのは「きちんと行動する」ってことです…どっちにいくにしてもね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です