男脳と女脳

先日、お客様と「考え方の違い」についてのお話になりました。要は「男性脳」と「女性脳」の違いについての話だったんですが、ホームページではこのあたりも考慮する必要があります。

メインターゲットが男性になるのか女性になるのかでホームページの作りも変わってくるんですね。何もこれはデザインだけの問題でもなくて、直感に訴えかけるのか、理由をきちんと説明するのかなど、右脳に訴えかけるのか左脳に訴えかけるかの違いが出てきます。

まぁそれほど単純な話でもないんですが、実はこの「男性脳」と「女性脳」の組み合わせって、うまくいっているペアが多いような気がします。(うちの夫婦もそうです。)

夫婦でも友人でもなんでもそうですが、似たもの同士では衝突してしまいます。「違う」のがいいんですね。そしてここで大事なのは、それぞれの「個性」を認めてお互いを「尊重しあう」ってことです。人付き合いではこれが一番大切なことだと思います。

考え方なんて千差万別です。相手の考えなんて読めるはずも無いんですから、だからこそ相手の意見を尊重して理解するってことが大事になってきます。ホームページの世界でもそうですよ。お客様には色々な人がいますから、自分の概念や考えを押し付けないってことがお客様の満足度向上に繋がってきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です