あるかないか

今時、自社のホームページを持っていない会社なんて存在しないと思っている方は多いかもしれませんが、でも実はまだ全然あるんです…自社のホームページを持っていないような会社が。

必要性を感じていないのか、そこまでネットに期待をしていないのか…当然、広告宣伝費用の兼ね合いもあるんでしょうけど、だいたいホームページのない会社は小さな会社がほとんどです。

でも今は「ホームページはあって当たり前」の時代です。電話番号や住所を調べたりするのにも使われますし、就職先の調査にも使われます。なので、まずは1ページのペラサイトでもいいので用意すべきですね。

例えば、新しい取引を開始しようとして、そこのホームページを見つけられなかったらどう思うでしょうか?今時ホームページがない会社なの…?なんて思われてしまうかもしれません。「ホームページがない」というだけで信用度が下がってしまうなんて、非常にもったいないと思いませんか?

理想を言えば、ホームページできちんと広告宣伝費用もペイできるくらい反応を取っていくのがベストです。でもそこまで費用を投下できない場合でも、なんらかの自社ホームページは用意しておいた方がいいと思います。ホームページが「ある」か「ない」かということが、相手の判断に微妙に影響することもあるということを覚えておく必要があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です