シーズじゃないよニーズだよ

先日あるメーカーのお客様より「今ある素材を用いて何か売れ筋商品を作れないかな?」と相談がありました。在庫の素材をはけさせたいとの意向でしたが、それにはよほどの発明とか発想の転換がないと難しいような気がします。

何故ならば、昔と違って提案型の商品っていうのはなかなか売れにくくなってきているからです。それよりもお客様の嗜好を読んで、それぞれのお客様の要望にマッチした商品を提供する方が理に適っています。オーダー商品に人気があるのもその裏づけですね。

つまり、シーズ(種)から考えるんじゃなくて、ニーズ(需要)から考えなけりゃダメってことです。まぁマーケティングの世界では当たり前の話ですが、顔を向ける方向ってのをきちんと考えなければいけません。会社本位の考え方じゃなく、あくまでお客様指向の考え方ですね。

今の社会は商品で溢れています。それこそ、ニーズをつかんだ商品も溢れかえっています。それはどういうことかと言うと、ただ単にニースをつかむだけでもダメで、その上でそこに何か「付加価値地」をつけていかないと生き残るのも難しいってことです。

大切なのは「出発点を見誤らない」ってことと、同じような商品が並ぶその中で「選んでもらえる」ような何かをきちんと訴求していかなくてはいけないってことです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です