自分が欲しいもの

自社商品の自社開発やサービスの開発をする時、「プロダクトアウト(Product Out)」という視点と「マーケットイン(Market In)」という視点があります。

プロダクトアウトっていうのは、簡単に言うと「会社側の作りたいものを作って、そっからどうやって販売していくかを考える」方式です。逆にマーケットインっていうのは、「市場のニーズをくみ取って商品開発を行う」方式です。

今は昔と違って「モノを作れば売れる」時代ではありません。ですから、どちらかというとマーケットイン方式の方が受け入れられていますし、売りやすくなっています。

実際、弊社のお客様でもマーケットイン方式を採用するお客様が多いですし、その方が反応も出ています。しかしながら、プロダクトアウト方式でうまくいっているお客様もあります。それは何故か…結局、どちらが正しいかなんて無いんです。市場の声とて万能ではありませんし、かといって全く市場の方を見ないのもいけません。うまくいっている会社ってのは、どちらも見ているんです。

中でも、プロダクトアウト方式でうまく行っているのは、だいたい他社の追随を許さないほど「尖っている」ことが多いです。つまり「アイウォント(I Want)」なんですね。「自分が欲しい」「自分がしたい」ものをより追及して開発した場合、それは非常に専門性が高まりますから、その分野の一番手になれるんです。そうすると、必ず一定割合は同じような趣向の人がいますから、その層を取り込むだけでも十分に商売は成り立つんですね。

何より「自分が欲しいもの」「自分がしたいこの」に関しては「熱」が入ります。…実は、この「熱さ」ってのが一番重要じゃないかと思うんですが、熱ってのはお客様に伝播しますから、結果お客様の購買意欲にも火をつけるんです。結局どんな方式を取るにしても、それに向かう姿勢というか熱意が成功の可否を分けるような気がしますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です