セキュリティレベルを均一に

大きな企業はVPNとかを導入したリモートワークなどを行っているんでしょうけど、中小企業レベルですとせいぜい「会社のパソコンを家に持ち帰って作業」くらいが多いのではないでしょうか?場合によっては「端末は個人のものを使って作業」というところもあるかもしれません。

以前に「テレワークで注意すべき点」という記事も書きましたが、そういう場合のセキュリティレベルは各個人任せとなります。普段から社内でセキュリティの講習をしていてセキュリティリテラシーが高く、そしてそのレベルが統一されているなら問題ありませんが、それはほんの一握りだと思います。大きな企業でも軽視されがちな部分ですし…。

なぜ軽視されがちかというと…「そんなことは知っていて当たり前」という意識が働きがちだからです。「自分ができることは他人もできる」に通ずるかもしれませんが、得意なことが人それぞれで違うようにセキュリティの知識や技術も人によってまちまちです。ですから、本当はきちんとした社内研修を行って、リスクマネジメントをしておくべきなんですよね。

ただ、今からでも遅くはありません。今回急なテレワークの導入にアタフタした会社も多いと思いますが、また同じような事態が起こる可能性はありますし、そもそも働き方自体が変わってくるかもしれません。全スタッフのセキュリティレベルを共通にしておくことは、通常の会社運営でも有効に働きます。

弊社も先日お客様より「セキュリティセミナー」のご相談を受けましたが、こういう知識向上やレベル統一のための社員教育セミナーも請け負っております。どうぞお気軽にお声をかけてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です