時代と共に

NTTの発行する「ハローページ」が、2021年10月以降の発行を持って最終版となるようです。つまり、長い歴史に幕を下ろすわけですね。昔は1家庭に1冊はハローページが置いてあって、何か情報を探す際に使われていました。まぁ固定電話全盛の時代でしたしね…。(今の子たちは紙の電話帳なんて知らないでしょうね。)

携帯が普及し始めてから固定電話も減り続け、スマホが普及し始めてからはネットにその役目が移っていきました。…そう、今はなんでもかんでも「ネットで検索」の時代なんです。ネット上にデジタルで情報が保存されているわけですから、探すのもそういったものに対応したツールでしなければいけません。これも時代の流れですね。

まぁ、そうは言ってもタウンページは残るようですので、個人情報保護の観点が大きかったのかもしれませんね。今は卒業アルバムにも個人の住所とか電話番号は載りませんし、掲載を許可したくない人も増えてるんじゃないかと思います。(ハローぺージは企業と個人の電話番号一覧、タウンワークは企業の電話番号一覧です。) まぁ、これで個人宅への変な営業電話とか詐欺電話が少しでも減ってくれれば嬉しいですね。

いずれにしても、最初に述べたように今はデジタル情報化時代です。個人情報にもうるさい時代ですし、個人とも匿名で繋がる時代です。ですから、企業としてはそういうことを見越した上でネット戦略を立てていかなければいけませんし、接触を考えていかなくてはいけません。

ハローページが役目を終えるように、既に役目を終えているツールは他にもあると思います。もしそういうツールを未だに使っているとしたら時代錯誤もいいところですので、きちんと時代に合ったツールを見定めて変化していかなければいけませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です