リモートだけじゃなく

本日お打ち合わせをしたお客様は色々と情報収集もされている方ですが、大きな会社であればあるほど自粛期間に行っていた「リモート」を継続されているとのことでした。

ここでいうリモートとは自宅で仕事をする「リモート業務」もそうですが、お客様にリモートで案内する「リモート営業」もそうです。一度取り入れたらその便利さから離れられなくなる会社も多いようで…。

弊社のお客様でも数社、現在でもリモートで色々なことを続けている会社があります。業務内容的に未だリモートが必須の会社もありますが、その他は「お客様の利便性」を考えられてのことだったりもします。正規のサービスと並行して、リモートの選択肢も受け入れられるようにしている感じですね。

この「選択肢」ってのが重要で、いくら自社に都合がいいからと言ってリモート1本に限定するんじゃなくて、従来のサービス形態と新しいリモート形態でお客様の都合のいい方を選べる形がいいんじゃないかと思います。お客様ってのは基本わがままですからね。

今後は日本全国で色々なリモートも出てくると思います。でも、「リモートじゃない方がいい」ってお客様もいることを頭の片隅に置いておきたいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です