時間を売る商売は…

夜の街のコロナ陽性率が増えて来て非難の声もあるみたいですが、基本的に夜の街って「時間を売る」商売が多いんですね。滞在時間が長くなればなるほど儲かる仕組みになっているので、そりゃ少しでも長い時間お客様を居させようとしますよね。

つまり、それだけ濃厚接触になるってことです。まぁこれは別に夜の街に限ったことじゃなく、例えば漫画喫茶なんかも同じ「時間を売る」商売です。このように時間単位のお金を徴収するシステムを構築しているビジネスモデルは、今回のコロナでかなりダメージを受けたことと思います。

まぁ、今後も「三密を避けるべき」って世界は続いていくと思うので、時間にお金を払うようなビジネスモデルだと今後やりにくくなってくるかもしれません。それよりもなるべく接触時間を減らす=回転率を上げたり、なるべく接触しない=リモートサービスを模索したりといった方向性を探った方がいいのかもしれません。

今までは人とか空間の付加価値を高めていくのも効果がありましたが、これからは違う付加価値=コロナを考慮した付加価値を創造していく必要があります。その時に「時間」という概念も考慮していくと、また違う見方も出てくると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です