セキュリティ意識

昨日に続いてもうひとつ、スタッフのリテラシーで問題になりがちなこと…それはセキュリティ関連です。いわゆる、メールやUSBからウイルスに感染したとか、どこかのホームページを見たらいつの間にか感染していたとか、そういうセキュリティの意識が低いと全社員に被害を及ぼします。

今はだいたいネットワークを構築している会社がほとんどです。1人のスタッフのセキュリティ意識が低くて会社のパソコン1台が感染すると、つながっているパソコン全てに伝播してしまいます。

まぁ今はウイルス対策ソフトを全パソコン入れている会社がほとんどだとは思いますが、中小企業などでは未だにウイルス対策されてないパソコンが混ざっていたり、ローカルでの対策をおざなりにしている会社もあるようです。

例えセキュリティソフトが入っていたとしても、ウイルスとの闘いはいたちごっこですから、あまりにも最新のウイルスには対抗できないケースも出てきます。その場合、1人のミスが会社全体に影響を及ぼしてしまいますので、それだけは避けなければいけません。

そういう意味でも、従業員のセキュリティ教育はきちんとしておくべきですし、意識で減らせるリスクって意外と多いんですよね。だからリテラシー教育ってすごく大事なんです。

あ、ちなみに弊社でもこういう「従業員教育セミナー」を承っておりますので、お気軽にご相談くださいね。ネットリテラシー的なことからセキュリティリテラシー的なことまで、最近のネット絡みで必要そうなことは全てお教えしますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です