権利を侵害しないように

先日の「従業員リテラシー」に続くお話になりますが、もうひとつよくあるのが「著作権」絡みの問題です。例えば、従業員がどこかネットから拾ってきた写真を使ってSNSで発信したりチラシを作ったり…とかいう問題ですね。

チラシだと目に触れる数が多くないのでそれほど問題にならないかもしれませんが、ネットだと即アウトになります。企業アカウントでの著作権侵害や、自社ホームページでの流用など、これらは見つかった時点で総叩きに合います。

著作権ってわかりにくいですが、だいたいどこにでも付随してますからね。ネット上の著作物はもちろんのこと、紙面やTVなどの創作物もそうです。よくあるのがTVの画面を撮影したものをネットにあげるとか、紙面を写したものをSNSで発信するとかですが、これらは全てアウトです。(許可が取れている場合は別です。)

極論を言えば、友達の描いた絵を勝手にネットにあげるのも著作権侵害になります。他にも肖像権とかプライバシーの侵害なんかも問題になりやすいですし、こういった「権利の侵害」をしないよう、スタッフに十分な教育をしておく必要があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です