Amazonだらけ

最近Amazonを語った詐欺メールがすごく流行っているようです。弊社のお客様からも「こんなメールが届いたんだけど…」というご相談がこのところ何回もありました。メールの内容については色々で、アカウント情報を更新しろだの、支払いが承認されないだの、誰かがあなたのアカウントから注文をしたみたいですよだの…まぁいろいろです。

慣れてればパッと見で「あ、迷惑メールだな」ってわかるんですが、最近は精巧な詐欺メールも多くなってきているのでなかなか素人では判断に困るということもあるようです。弊社のお客様であれば、メールを転送していただいて弊社が判断できるんですけどね。

まぁ「君子危うきに近寄らず」で怪しいメールは無視するのが一番なんですが、「万が一本物だったらどうしよう」と心配になってしまう方も多いようで…。そんな場合は記載されているURLで判断してみてください。(クリックは絶対しちゃいけませんよ。)

まず先に正規の正しいURLを知っておく必要がありますが、Amazonの正規URLは「amazon.co.jp」です。このURL以外はまず怪しいと思ってください。ただ、HTMLメールなんかで受信していると、表示は「amazon.co.jp」になっているのに実際のリンク先は違うURLになっていることも多々あるので、そういう場合はマウスをそこに持っていってリンク先のURLを確認する必要があります。

テキストメールでしたらそのままリンク先のURLが表示されるので確認が楽なんですが、要はそのURLが amanon.co.jp になっていたり anazon.co.jp だったりしたら、もうそれは詐欺確定です。最近はもっと寄せて pay-amazon.co.jp とか amazon-xx.co.jp とか、一部にamazonを使ったアドレスも流行っているので注意が必要です。

あと、結構多いのが「.cn(チャイナドメイン)」です。これは中国に割り振られている国別ドメインなんですが、国のルールが甘いのか詐欺集団が中国に多いのか、この「.cn(チャイナドメイン)」を使った詐欺メールってすごく多いので、これまたこの時点でかなり怪しいと思ってください。(まぁ最近は.cnの怪しさが有名になり過ぎちゃったんで、他のドメインも使われ始めてますけどね…。)

いずれにしても、正規ドメイン「amazon.co.jp」のリンク先になっていないものは全て怪しいですし、どうしても気になるようなら自分でブラウザからアマゾン(amazon.co.jp)にアクセスして、そこからいろいろ確認するということをお勧めします。間違ってもメールのURLをクリックして先に進めてはダメですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です