二人三脚

ホームページで反応を取っていくためには、ホームページの運営者と、技術的なサポートやアドバイスをしてくれるホームページ会社とが二人三脚で進む必要があります。

あ、管理を委託されたホームページ会社が二人三脚で進むことは「当たり前」の話です。常にお客様と同じ方向を向いて併走し続けるなんてことは、ホームページ会社にとって基本中の基本だからです。

でもここで言いたいのは、ホームページの運営者側も二人三脚の意識がないと、なかなか反応を取っていくことが難しい場面も出てくるってことです。

例えば、反応を取っていくためにやった方がいいことをアドバイスしたって、それを実際に実行してもらえなければ効果は出ませんよね。技術的なサポートはホームページ会社側が勝手にすることもできますが、ホームページ運営者の取り組みと密接に絡むケースも出てきますので、お互いの意識を合わせた上で施していくと効果も上がりやすいです。

つまり、ホームページの運営者側にも、それなりの意識が必要ってことです。「全部任せるから勝手にやっといてよ…」では、なかなか反応は上がってきませんし、そういう運営者側の意識はホームページから透けて見えてしまいます。

本業に手を取られてなかなか後回しにされてしまうことも多いホームページですが、そこにきちんと時間を割いて力を入れている会社はきちんと反応を上げていっています。言うなれば会社のネット上の顔(窓口)なわけですから、ホームページも業務のひとつと認識して手間と時間を割くようにするといいでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です