右脳と左脳

よく男性は左脳的で女性は右脳的と言われますが、何もこれは男女で分かれるものでもありません。男性でも右脳で考える人もいますし、女性でも左脳的に物事を捉える人もいます。

ただ、右脳と左脳で働きが違うということは明確な事実で、問題はそれぞれの脳に「どうアプローチするか」ってことです。

これはホームページだけじゃなくチラシとかでも同じなんですが、右脳と左脳の両方に同時に訴えかけるようにすると反応は高まっていきます。

右脳へのイメージアプローチと左脳への言語アプローチですね。イマジネーションを刺激するようなイメージに、思わず目を引くようなキャッチコピーや文章…これらが相互的に作用すると、長期的な記憶につながるんです。

長く覚えておいてもらえるってことは、「次の機会」につながるってことです。大事なのは「必要になった時に思い出してもらえる」ってことであって、それをするためにニュースレターを発行したりSNSの露出を増したり、皆さん色々な努力をしているわけです。

記憶に残すためにはこの他にも色々な方法がありますが、右脳と左脳を同時に刺激すると長期記憶に留まりやすいってことも覚えておくといいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です