狙いたい層

先日お伺いしたお客様のところでは、ホームページの内容変更についてのお打ち合わせがありました。事業内容の説明を変えていくためのお話し合いだったのですが、1人の方は広く浅い層へのアピールを一番に考えられていて、そういう層への訴求を一番に考えられていました。

反してもう1人の方はUSPを大事にして、同業他社に負けないような売りの部分を一番に考えられていました。これはどちらが間違っているというわけでもなく、目指したい方向によって考えればいいと思います。

売りの部分を一番に持ってきてフィルターをかけていくと、どうしてもターゲット層は狭まります。しかし、同業他社の中で生き残っていくということを考えた場合、この「売り」の部分はとても大事な部分になります。

とにかく多くのお客様を集めたいのであれば、広い層に受け入れやすい内容に変えるべきです。これならフィルターをかけない状態での集客が出来ますが、本来呼びたくない層も来てしまう可能性はあります。

いずれにしても、ターゲットとしたい層と会社としての方針が固まれば、自ずとどの方向に行くかは決まってきます。とりあえず皆さんの意見を聞いた上で弊社からの提案(アドバイス)だけはしてきましたが、また社内でお話し合いをされることになりました。

皆さん色々な意見をお持ちですので1つの意見に集約するのは結構大変だと思いますが、ホームページやネット戦略という視点を絡めて弊社も上手にアドバイスできていければいいなと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>