1文1主語

ホームページで文章を書く上での基礎的なお話を少し…文章を書く上では技術的なことも押さえておけるといいです。なぜならば、同じことが書いてあっても、書き方ひとつで受け手の印象ってまったく変わってくるからです。

例えば「主語」をはっきりとさせた文章を書くことも大事です。わかりにくい文章って、だいたい「主語が無い」んです。ですから、この点を改善するだけでも読みやすくなったりします。

昔、学校で古文を習いましたよね?古文ってわかりにくくありませんでしたか?…あれは主語が無いからなんです。古文って「主語が省かれている」ことが大きな特徴なんですね。これは普通の文章でも同じで、主語をつけてあげることによって意味が格段とわかりやすくなってきます。

ただ、複数の主語をひとつの文章の中に入れてはいけません。それをやると余計に分かりにくくなってしまいます。例えば、「~は」とか「~が」といった主語に続く助詞が1つの文章に複数出現するようならマズイと思ってください。主語が複数存在してしまっていますので、そういう場合には文章を分けて下さい。1つの文章には必ず主語が存在し、そして1つの主語だけが存在する…これがわかりやすい文章の基本です。

もちろん、主語と述語がきちんとマッチしている必要もあります。余計な文章を省いて主語と述語だけにした時に意味が通じないとしたら、それは主語と述語がマッチしていないということになります。まぁこれは、ひとつの文章の中にたくさんの意味や意義を持たそうとした時に起こることが多いんですが、1つの文章の中に意味や意義を持たせるのは2つまでにした方がいいです。1文2義…これもポイントのひとつとして覚えておくといいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です