お客様情報の整理

本日は3社のお客様とお打ち合わせでしたが、そのうちの1社で「時間感覚の違い」についてのお話になりました。「3ヵ月前くらいにお問い合わせのあったお客様から正式なご依頼があった」との話でしたが、こちらのお客様はとにかくたくさんのお客様を抱えていますので「3ヵ月も時間が経っているのでもう”ない”案件として処理していた」とのことでした。

確かに、会社側とお客様側では時間の流れ方が違います。そのため、このような時間差によるすれ違いが起こることもしばしば…でも、それが当たり前と思わなくてはいけません。

例えば大きな会社の場合などは稟議を上げて決済が下りるまでに時間がかかりますし、企画会社など数社が絡む場合などもそれぞれのやりとりに時間がかかるはずです。

もちろん会社側の都合もわかります。特に抱えている案件が多い場合は、スケジュール管理のためにも見込みのあるなしを早めに整理していきたいことでしょう。

…別に整理してもいいんですよ。ただ、「長く時間がかかるお客様もいる」ということをきちんと理解して、いざという時には以前のやり取りにアクセスできるように、見込み客も含めたお客様情報を整理しておく必要があります。

「早く決めてほしい」というのはあくまで会社都合の話…お客様の立場も考慮し、何かあったときにはすぐに対応できる体制を作っておけるといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です