きちんと「拾って」もらうために

先日新規のお客様のところへお伺いをしたんですが、商材的にオンリーワンのアイテムで将来性も感じるものでしたので、なんとかご協力が出来ればと思います。

ネットのことはあまり詳しくない感じでしたので、ざっとホームページのことやネット戦略についてのお話をさせていただいたのですが、その中で「どうやって検索に表示させるようにするんですか?」という話になりました。

昔はカテゴリ登録なんかもありましたが、今は検索エンジンに認識さえしてもらえればデータベースに蓄積されます。上位に表示させるのはまた別の話として、検索に表示させるようにするだけならそれほど難しい話じゃないんですね。

ですから、まずは検索エンジンにきちんと「認識」してもらうようにしなければいけないんですが、どこかからリンクが入っている場合は基本、勝手に拾っていってくれます。ただそれもいつになるかわかりませんから、弊社は公開を開始した時点できちんと検索エンジン側に登録申請を出すようにしています。

その後、そのホームページの構造化情報(sitemap.xml)も送って、サイト構造というものをより詳しく検索エンジン側に伝えるようにしていますが、この構造化情報はホームページに更新があった場合も逐一送るようにしています。

一度検索エンジン側に拾われれば後はクローラーが定期的に見に来てはくれますが、その周期はまちまちです。ですから最新の情報を最速で反映させるためにもこの作業は欠かせません。もちろんサーチコンソールも有効活用してチェックしていますよ。

特にボリュームの大きいホームページの場合は、きちんと全ページを検索エンジンに認識してもらいたいものです。全てを検索サイトに任せっぱなしにせず、ある程度のことは自分でやるようにするとそれなりのメリットも返ってきますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です