やるかやらないか

先日お打ち合わせをしたお客様はホームページの反応も上々で、かなり早いペースで成長をされているお客様です。そのお客様より「信じてついてきてよかった」と言われました。いや、確かにこのお客様の努力は半端ありません。きちんと弊社が与えた課題をこなしてきていますし、その時々のアドバイスをきちんと受け止めています。つまり、「やるべきことをきちんとやった」からきちんと反応として返ってきてるんですね。

弊社は「反応が取れる」ような作りのホームページを作ったり反応が取れるようなアドバイスをすることはできます。でもこれはあくまで半分で、残りのあと半分はお客様の行動にかかっていると思っています。ホームページを信じてしっかりと労力を注げるか、それともほったらかしになってしまうか…これにより反応には大きな差が出てきます。

学校のテストだって同じですよね。やるべきことをきちんとやらなければ点は取れないのと同じです。きちんとやった人だけ報われるんです。そういう意味ではわかりやすいツールとも言えます。

まぁ…専任の担当者を置くことができない場合、どうしても本業を優先してしまってホームページ関係は後回しにされがちです。本業を疎かにしろとは言いませんが、ネットで集客をしたいのならホームページ(やSNS)にもきちんと労力を割くべきですね。すると、そのうち目に見えて反応が変わってくるはずです。

必ず反応が取れると信じて行動するか、それとも後回しにして結局やらずじまいになるか…そこはお客様次第というか、弊社としても手を出せない部分になってきます。(尻を叩くことはできますけどね…。)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です