どんなものでもきれいに表示されるように

今進めているプロジェクトは「他社の作ったホームページをモバイル対応させる」というプロジェクトです。他社の作ったものですから当然htmlの組み方からして違うのですが、内部コードを見ていて時々「なんでこんな組み方してんだろ?」って思う部分があります。

それは何かというと…「1視点しか考えてない」ような組み方ってことです。要はある1デバイスでだけ見た目が整っていればそれでOKみたいな考え方ですね。

今は見られているデバイスが多種多様です。従来のデスクトップの他にスマホもあればタブレットもあります。そしてデスクトップ一つとっても様々なブラウザもあれば、解像度も多種多様です。もちろんOSにも色々あります。

解像度で考えるとスマホの方が多様かもしれませんね。それこそ縦横比の違いもありますし、操作の作法も違います。そういった「多種多様の環境」それぞれできちんと表示されるようにし、快適に操作できるようにしておかなくてはいけません。

これ…昔のデスクトップだけ考えておけばいい時代より、桁違いに時間も手間もかかります。でも、どんなデバイスで見てもきちんと表示されるようにして、そしてユーザビリティをきちんと考えておくことは、今のホームページ作成で基本中の基本です。

今後もいろんな環境が増えていくんでしょうけど、そういった最新の情報を先駆けて集めるとともに即時対応していくことは、ホームページ作成会社の責務かなと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です