あえて隠すのも

最近はTV CMも少し変わってきているように感じますね。昔は短い中でいかに「伝えるべきこと」を伝えるかって感じで、キャッチコピーとかストーリー性とか練りに練られたものが多かったんですが、こないだ見たCMは逆に何も「伝えない」感じのものでした。

要は、興味を引くだけ引いておいて「ん?これ何のCMだ?」って思わせるタイプのやつですね。これはインターネット時代だからこそ可能なCMですね…気になれば視聴者はネットで勝手に調べてくれますから。気にさえさせれば勝ちなんです。

その時に大切な視点は、そういう「うろ覚えのキーワード」「断片的なキーワード」で検索された時にもきちんと上位に出るようにしておくことと、そしてSNS上にもきちんと導線を作っておくってことです。

まぁ何よりも大事なのは、誘導先であるホームページ内にきちんと知りたい情報が載っていて、そしてそこからきちんとクロージングできているかどうかってことですけどね。

隠すことによって興味をそそらせるのも有効な手法の一つです。何もこれはTV CMだけじゃなく他の媒体でも使える手法ですが、最終誘導先であるホームページがきちんと反応が取れる作りになっていないと、せっかくたどり着いてもらってももったいないことになりますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です