全てはひとつなぎ

先日お会いした方から「SEOをきちんとやれば売れるようになりますよね?」って聞かれました。いや、SEO(検索エンジン上位表示対策)だけではダメですよ。SEOはもちろん大事な要素ですけど、それはあくまで基礎中の基礎です。

それよりも大事なのは、自社のホームページに訪問してもらった後です。ホームページを訪れてもらった時に、選択肢に残してもらうような内容になっていなければいけませんし、最終的に選んでもらえるような作りになっていなければいけません。そういう視点でSEOから何から何までつながっていなければいけないんです。

例えば、SEOひとつとっても色々な要素が絡んでいて、どんなキーワードで上位表示されるかってのも大事な要素なんですよね。どうでもいいキーワードとか関連の薄いキーワードじゃ意味がなくて、やはり狙っているターゲット層に響くようなキーワード…いわゆる「反応率の高いキーワード」で上位表示させていく必要があります。

そして、そのキーワードに反応した方が導かれて通る道(導線)をきちんと設計して、最後まできちんと誘導してあげる必要ってのも出てきます。意外と、「で、どうすりゃいいの?(次にどういうアクションを起こせばいいかわかり難い)」ってホームページも多いんです。

これだけネット全盛の世の中になった今でも、ホームページに慣れていない方がまだまだ多いのも事実ですし、モバイル全盛に変わってきている今、使い方や見方が変わってきているのも事実なんです。ですから、そういうネット初心者の方や、モバイルにしか慣れていない人などにも向けた取り組みってのも当然していかなければいけません。

ネットの集客方法にも変化は出てきていますが、「検索」ってツールが無くなるかと言えば、方法・手法に変化が出るとしても検索という手段が無くなることはないでしょう。ですから、今後もその「検索」を見越した対策は必須ですし、その先をも見据えた施策をホームページには求められると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です