引き込んだ先

ホームページは言わずもがな「プル型」のツールになりますから、来てもらうような仕組みや認知してもらうような仕組みがすごく大事になります。SEO対策なんかはネットから引き込むための代表的な仕組みで、名刺や看板なんかも立派な引き込みツールになりえます。

プッシュ型のメールやDMなどと組み合わせるのも手ですし、それこそ最近はクロスメディア戦略なんかが当たり前になってきていますので、TVやラジオ・新聞などのメディアからもネットへ誘導する形がほとんどです。

じゃあそういう戦略を取る時に何が大事かって言うと、最終到達地点…多くの会社ではそれがホームページになると思いますが、そこできちんとクロージングできるようになっていないといけないんですね。いくら見込み客を引き込んでも、そこできちんと意図した通りの動きを取ってもらえなければ意味がありません。

だから、もちろん引き込む施策も重要なんですけど、それよりも重要なのが引き込んだ先での仕組みになるわけですね。引き込む数を増やす事も大切ですが、それよりも引き込んだ先での反応率=コンバージョンレートを上げた方が効率がいいわけです。

ホームページの働きというのがいかに大事なものか…そこが理解できていると、ホームページにかける意識が変わってきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です