フリー素材

弊社ではデザインする際に、フリー素材をなるべく使わないようにしています。単なる「イメージ」だけだとしても、お客様のご用意した(もしくは弊社の撮影した)、なるべく「本当」に近い素材を使うようにしています。

これは何故かと言いますと…どうしても偽物感が出るからです。例えイメージだとしても「きれいすぎる写真」や「不自然な写真」だと、どうしても違和感がぬぐい切れません。結果、怪しく感じられてしまうデメリットもあります。

写真などの素材は、できるだけ自社の用意した「自然体に近い」ものを使うのがお勧めです。あまり見栄えが良くなくても、その辺は加工なりデザインなりで何とかなります。それよりも、現実に近い印象を与えて、実際に会った時の違和感も少なくしておいた方がいいです。

いくら良い写真でも、あまりに現実感が無さ過ぎるとそれは逆効果になると覚えておいてください。ホームページで反応を取っていくコツは、実際に利用してもらった時やメールや電話で応対した時など、お客様とやり取りした際になるべく「違和感=違い」を感じさせないってことです。

ホームページがあまりに良すぎると実際を知って落胆…みたいなことにも繋がりかねないので、そういう意味でもホームページと現実にあまり大きな「差」は設けない方がいいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です