想像しやすい文章

先日「動画で想像力を刺激させる」という話をしましたが、動画以外にも画像でも文章でもなんでもいいんですね。といううか、それらを複合して使っていけると一番いいと思います。何に引っかかるかわからないですからね。

特に「サービスの提供」などの場合は、文章で伝えた方がより伝わるんじゃないかと思います。ストーリー仕立てで伝えることもできますし、どのようなサービスを提供できるのかケーススタディで具体的に説明することもできるからです。

また、画像によるイメージは長期的な記憶の定着にはならない(すぐ忘れやすい)ですが、言葉が紡ぎだした自分の中のイメージは長期的に強く記憶に残ったりもします。これは言葉の紡ぎだすイメージの力だと思います。

で、その文章を書く時には、人間の五感に訴えかけるのもひとつの方法です。いわゆる「しずる感」と呼ばれるものですが、より想像しやすい言葉を使うことにより、イマジネーションを強く刺激するわけですね。

「どう書けば伝わりやすいか」「どう書けば想像してもらえるか」…ちょっとした文章でも、そのあたりのことをしっかり考えながら書いていくと反応は変わってくるはずですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です