波は絶対ある

本日は3社のお客様とお打ち合わせでしたが、そのうちの1社はちょっとここのところ反応が鈍い感じが続いています。コロナ禍の影響もあるんでしょうけど、色々と先のことも考えながらお客様自身も試行錯誤しているような状態です。

それこそ方針転換というか「時代に合わせた業務形態の変化」も視野に入れているようですが、軸の部分は変えずに枝葉の部分を変化させるような形で考えられているようです。これは正しいですね。本質が変わってしまうと、それはもう今までの歴史をリセットするようなもんですから…

僕らも経験がありますが、ビジネスでは良い時もあれば悪い時もあります。反応がたくさんある時もあれば鈍い時も当然ありますし、こういう「波」は必ずあります。逆に言えば、「波」なので落ちてばっかりではないということです。必ず浮上する時が来ます。

ですから、こういう時ほど淡々と「やり続ける」しかありません。動きのない時にどれだけ種を蒔けるか…地道に力を注ぎ、きちんと積んでおくことができるかどうかということになります。これにより動きが出てきた時の反応にも違いが出るんですね。

動きのない時は、きっと種まきの時期です。こういう時こそ、ホームページを見直したりしながら、きちんと力を注ぎ続けるといいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です