ネットという入り口

先日あるお客様とお打ち合わせをしていたら、「フォルクスさんに会ってなかったらって考えるとゾッとするわ」と言われました。確かに、こちらのお客様は会社の売り上げのほとんどをホームページに依存しています。ですから、きちんと「仕事をするホームページ」かどうかってのが、会社の将来を左右するのもわかりますね…。

もちろんホームページというのはツールの一つに過ぎません。他にも集客の方法はありますし、ネットばかりに依存しすぎるのもいけないのかもしれませんけど、でもそれでも「ネットという入り口」ってすごく大きいんです。

パイが違うというか流入してくる数も桁違いですし、アプローチできる数も範囲も全然違います。そういう意味では「使わなければ損」なツールでありますし、いかに上手に使うことが出来ているかってのが勝敗を分けます。

今や「持ってて当たり前」のホームページだからこそ、そこには差別化が必要ですし、きちんと仕事してもらえるような「仕組み」作りも大切です。例えローカルビジネスだとしても、ネットの活用は必要不可欠ですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です