お客様の方を向いたコンテンツ

今のSEO(検索エンジン上位表対策)では「コンテンツ」がとても重要視されています。…というか、これが王道のSEOなんですけどね。弊社ではSEOの黎明期からこの王道的な対策をしてきていますが、その頃から「Contents is King(コンテンツが王様)」という言葉がありました。

つまり、SEOをやる上でも反応を取っていく上でもコンテンツが重要なわけなんですが、これがSEOの方ばかりを向いていてはダメなんですね。お客様の方を向いたコンテンツになっていないと、SEO的にもマイナス評価となります。

それを表しているのが、コンテンツの質を見ていると思われるアルゴリズムの挙動です。ユニークなコンテンツであるかどうか…あ、ここでいうユニークってのは、「面白い」って意味の方じゃないですよ。「唯一無二の」って意味の方のユニークです。どこかのコピーであったり焼き増しじゃない、オリジナルなコンテンツの評価が高まってきています。

それから、アクセス解析を用いた判断もしていますね。「滞在時間」や「直帰率」などから、お客様に有益なページかどうか=良質なコンテンツかどうかの判断もしていると思われます。つまり、どこかのゴーストライターが書いた、本質を理解していないような文章じゃあダメってことです。

SEOも大事ですけど、それだけを目指したコンテンツ作りでは今は通用しません。それよりも、お客様の方を向いたコンテンツ作りを続けていれば、それがSEOにもなるってことですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です