クリックさせやすく

グーグルの検索結果に表示される「スニペット」の量が倍近くに増えました。あ、スニペットって言うのは、検索結果の「タイトル」や「URL」の下に表示される「説明文」の箇所のことです。

これはある程度Googleが自動的に作成するものですが、コントロールできる場合もあります。検索結果に表示される「タイトル」と「説明文」はクリック率に大きく影響するので、十分に気を配っていきたい部分でもあります。

勘違いしないでいただきたいのは、「ここにキーワードを詰め込めばいい」というものではないということです。逆にそういうのはクリックされにくくなります。あくまで自然な文章で、思わずクリックしたくなるようなことが書いてある…これがベストですね。

SEOでは「検索順位を上げる」ことだけに注力しがちですが、SEMの観点から言うと「いかにクリックして訪問してもらうか」「いかにページの奥深くにまで入ってもらうか」「いかに反応に結び付けていくか」という視点が大切です。つまり、「点」を「線」でつないでいく施策ですね。

SEOではこういったこともトータルで考えていく必要があります。ただ単に「上位に表示させればいい」というものではないですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>