商標登録とSEO

特許とか意匠権とかの出願と違って、実は「商標登録」の出願ってのは意外と簡単にできたりもします。いや、出願自体が簡単というより、垣根が低いといった感じでしょうか…要は取りやすいってことですね。

で、なんでこんな話をしているかと言いますと、今後はSEOのキーワードがらみでの「商標登録」ってのが多くなるかもしれないからです。

要は何か商品なりサービスの「名前」を考案したとして、その名前で周知をはかっていったとします。すると当然「その名前」で検索された時は上位(できれば1位)に来て欲しいですし、ライバルも少ないと思いますので検索順位的にも優位になる可能性が高いです。

だけど、もし大手などが同じ名前の商品を出してきたらどうでしょう?一気にSEO的にも難易度が上がりますし、何より資本投下の大きさに商品の優位性も負けてしまうかもしれません。先に世に出したのにも関わらず…です。

しかし名前の考案と同時に「登録商標」にしておけば、そういったことを防げる可能性が大きくなります。まぁ…それでも同じ名前で出してきたり類似キーワードとしてSEOしてくるようなところはあるでしょうけど、ある程度は自衛することもできると思います。

ですから本当に大事な商品やサービスの場合とか、そのネーミングでブランディングしていきたい場合などは、きちんと「商標登録」していくといいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です