若者動向

最近の若者の傾向として、最初にSNSで色々見てから、興味を持ったもののみ「ググる」って人が増えているそうです。つまりSNS検索→一般検索って順番の動きになっているってことですね。

SNS検索ってことは「タグる」ってことです。そう…ハッシュタグ検索ってことですね。ですから、SNSを有効活用するには「ハッシュタグのつけ方」にも気を配らないといけません。

なんでSNS検索が若者に人気かって言ったら、一番の理由はやはり「目で見てわかりやすい」ってことだと思います。特にインスタ検索なんかそうですが、メインが写真なので直感的にわかりやすいんですよね。で、リアルタイム性が優先されるニュースなんかはツイッター検索するとか使い分けも行っています。

どうやら、一般の検索エンジンは「SEOで操作されてるから信用できない」「レビューは売り買いされてるから信頼できない」など、若者からの信頼性が落ちている印象です。SNSにはまだそんなに企業が入り込んでいなくて、一般情報が多いのも好かれる要因かもしれませんね。

また、信頼できる人(好きな人)をフォローし、その人の発信する情報を無条件で信じる傾向もあるようです。口コミと同じですよね。信頼できる人が発信した情報ってのは、素直に信じられますから。

つまり、企業がSNSを有効活用していこうと思ったら、まず「信頼」を得る必要があるということです。この辺はホームページと同じですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です