Internet Explorerモード

Windows11では、完全に「Internet Explorer」が廃止されました。いや、もう既にサポートも打ち切られていますし過去の遺物なわけですが、Windows10まではまだ残ってたんですね。(動かすことが出来たんです。)

これは、IEでしか動かないサイトに対しての措置なんじゃないかと思いますが、実は公的機関のサイトなんかでは未だにIEでしか動かないようなものもあるんです。地方の入札システムとかね。

ではWindows11では「IEでしか動かないサイト」はもうどうしようもないかというとそうでもなくて、標準搭載されている後継ブラウザ「Edge」に「Internet Explorerモード」ってのがあるんです。これを使えば、「IEでしか動かないサイト」も開くことができます。

方法は…Edgeの右上の方にある「…」からメニューを開き、「設定」を選びます。その中にある「既定ブラウザー」を開き、「Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可」を「許可」に変更してからEdgeを再起動します。

これで「IEでしか動かないサイト」も正常に見ることができるようになります。…が、どこまで対応して動いてくれるのかは未知数ですので、必ず事前に検証しておくことをお勧めします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です