恕の心

本日は2社のお客様とお打ち合わせでしたが、そのうちの1社で「負の感情」についてのお話になりました。ある情報を探していたらネガティブな書き込みばかりでポジティブな書き込みがほとんどなかったそうですが、まぁそうなのかもしれません。検索する情報にもよるでしょうけどね。

というのは、人が何か行動を起こそうとするのは「感情がどちらかに振れた時」です。例えば、すごく感動した時とかすごく憤った時なんかがそうなんですが、なんか今の世の中は余裕がない人が多いのか喜ぶより怒る方の方が多いようにも感じます。で、そういう人ほど行動を起こしやすいというか…。

先日の高速道路の事件もそうですけど、要は人としての余裕がないというか思いやりの心に欠けるというか…怒る前に許容の心を持てばいいんじゃないかと思うんですけどね。他人を攻撃する前に、その人が何故そうなっているのか一旦立ち止まって考えればいいんじゃないかと思います。自分に非がないかも含めてね。

皆がみな他人をおもんばかるようになれば喧嘩なんて起きないはずです。でも自分の心に余裕がないとなかなか他人のことまで考えられないですから、まずは自分の心に余裕を持つようにすべきです。そうすれば、何でも喜んで何でも有難がるようになり、結果ポジティブなことしか考えられなくなるような気がします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>