プライベートブラウジングって何?

先日ある方から「プライベートブラウジングって何?」って聞かれました。プライベートブラウジングというのは、検索履歴や閲覧履歴、キャッシュ、Cookieなどを残さずにサイトを閲覧できる機能のことです。

皆さん意識されていないと思いますが、通常ブラウザでホームページを見る際には、ページの履歴やキャッシュした画像にファイル、Cookieやダウンロードしたデータなどの履歴が自動的に保存されています。これはどんなブラウザでも…です。

設定によってはパスワードや自動入力フォームなども保存されてしまうため、特に共用でパソコンやスマホを使っている場合は問題になりますよね。それを防ぐために開発されたのが「プライベートブラウジング」になります。

ちないみに、これはブラウザごとに呼び方が異なっていて、Chromeだと「シークレットウィンドウ」、Safariだと「プライベートブラウズモード」、EdgeやInternet Explorerだと「InPrivateウィンドウ」、FireFoxだと「プライベートウィンドウ」となります。(呼び方は異なっても機能はほぼ同じです。)

つまり、閲覧した履歴やデータなどを残したくない場合に使うわけなんですね。使い方はブラウザごとに異なりますが、たいていは「新規ウィンドウ」を開いてそれを「プライベート」にするだけでいいはずです。

で、実はこれは違う使い方もできまして…以前に保存されているキャッシュを参照せずにホームページを見ることもできるんです。(特にスマホのブラウザなどで)時々思うようにキャッシュがクリアできなくて古いページが更新されない現象があるんですけど、そういう場合も「プライベートブラウジング」で閲覧すればすべて1から読み込み直してくれるんで必ず最新のページが表示されるようになります。

何回読み込み直しても最新の表示状態にならない場合とか、ブラウザ機能の「キャッシュをクリアする」を使いたくない場合には重宝する機能だと思います。キャッシュクリアでお困りの方は、ぜひ一度「プライベートブラウジング」もお試しください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です