二人三脚

先日、新規のお客さまとお電話でお話をしたのですが、その時に「今話を聞いてもらっているところは、同じ方向を向いていない」というご相談を受けました。なんでも、この方の「やりたいこと」ってのを頭ごなしに否定するというか、希望のものとは違うことを提案されているようなイメージでした。

頭の固いコンサルのようなイメージですね。自分が全て正しいと思い込んでいるタイプです。でも、ホームページで反応を取っていく上では、これじゃあダメだと思うんです。

ホームページで反応を求めていく上では、その会社と同じ方向を向いている必要があります。その上で、二人三脚でサポートしていくというか、併走して常にアドバイスをしていくことが大事なんですよね。もちろん、間違っていることは間違っているとハッキリ伝えなければいけませんが、でもそれはまず話を聞いた上でどこが問題かを伝えるべきであって、相手の話も聞かずに自分の論理だけで話を進めてはいけません。

業界外の意見が大事なこともありますけど、他でうまくいったからそれがどのホームページでも通用する…なんて甘い世界ではありませんので、それぞれの業種でそれぞれのやり方でやっていく必要があります。そしてそのためには、その業界のプロ=お客様の意見や協力も欠かせません。

ホームページの運営元と、ホームページを作成・管理する会社ってのは、単なる「会社対会社」ではなく、あくまで対等な「パートナー」であるという認識が必要ですし、お互いがお互いを尊重し合わなければいけないってことです。そして、それこそが一番大事じゃないかと弊社では思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です