見て去られたんでは意味がない

先日お打ち合わせをしたお客様に「うちってカウンタ少ないですかね?」って聞かれました。確かに同じような業種と比べると、ちょっと少な目のカウンタだと思います。セッションもページビューもね。

でも弊社としてはそれほど心配はしていません。それはなぜかというと…こちらのお客様はきちんと反応が出ているからです。まぁ、ホームページと真摯に向き合い、きちんと更新も入れていますので当たり前といえば当たり前ですけど…。

重要なのは訪問者の数ではありません。きちんと反応が取れるかどうかです。1000の訪問があって1の反応があるよりも、10しか訪問がなくても1の反応が取れる方が実はいいホームページなのです。

そういう意味では、こちらのお客様のホームページは「反応率」が非常に高いんです。だから心配はしてないんですね。え?訪問者数をもっと増やせばもっとたくさんの仕事が受注できるんじゃないかって?それはそうなんですけど、こちらのお客様は現状でキャパがいっぱいいっぱいなんです。だからこれでいいと思っています。

「訪問者数」も「反応率」もどちらも大事ですけど、より大事なのは「反応率」です。そこを間違ってしまうと、閲覧数がすごくあるのに反応がない…という事態に陥ってしまいますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です