どんどん出す

閉鎖感があるというかブラックボックスのように感じられる業種ってありますよね。いわゆる士業とか、あと不動産業とか学習塾とか…未知の部分が多そうな場合はなかなかお客様から「中」が見えにくいようです。

ではそういう場合はどうすればいいかと言いますと、ホームページでどんどん開示していけばいいんです。トップや実際にお客様と接する人の顔はもちろん、どういうことをやっているとかどういう想いを持っているとか…そういうのをどんどん出していけばいいんです。

時々会社紹介のページで社長の顔出しをしていない会社もありますが、トップが顔出しを嫌がってどうするんですか?トップこそ率先して顔出しして、スタッフにも顔出しを促すべきです。(あ、強制はダメですよ。)

顔もわからない、中の状況もわからない、どんな会社かもわからない…はたしてお客様はこんな会社に頼みたいと思うでしょうか?今はせっかくホームページなりSNSなりっていう便利なツールがあるんですから、どんどん積極活用していくべきですし、どんどん情報を出していくべきです。

中が見えにくい会社こそ、ネットではどんどん中を見せていくべきだと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です