新規とリピート

本日は4社のお客様とお打ち合わせでしたが、そのうちの1社で「訪問者の種類」についてのお話になりました。アクセス解析の結果、こちらのお客様は新規の訪問者数が8割でリピートの訪問者数が2割程度でした。

まだまだ更新が少ないのでこういう結果になるのは当たり前なんですが、リピートアクセスをもっと増やしていかないとなかなか反応は増えていきません。

何故ならば、お客様ってのは一度の訪問ですぐに決める(=行動を起こす)わけじゃないからです。何度も何度も訪問して、隅々まで情報を見まわし、迷って迷って最後の何かが一押しになった時、お客様は行動を起こします。

ですから、一度来て去られただけでは意味がなくて、何度も何度もアクセスしてもらえるような施策とか取り組みが必要になってくるんですね。

そのベース(あくまで基礎)となるのが、情報の更新です。情報の量もそうですが、更新の量も大事です。なぜなら、更新を楽しみに待っている人もいますし、次に来た時に何も変わっていなければ再訪問の感覚も伸びていってしまいます。

自身のサイトの訪問者の割合を確認してみてください。反応が出ているサイトであれば、総じてリピートアクセスが多いと思いますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です