何でも出来るとしても

先日あるお客様が「将来が不安なんで先を見据えて違う事業をやりたい」というお話をされていました。内容的に本業とそう遠くない事でしたし、枝葉の一つとして事業を増やすのはいいことじゃないかと思います。

1本の太い幹に頼りっぱなしだと、それが折れた時に取り返しのつかないことになります。でも、たくさんの枝葉があり、それら全て足して幹と同じくらいならば、そういう分散の仕方もありだと思うんですよね。枝葉が1本折れたって影響が少ないですから。

ただ…それらの事業を全部1つのホームページで打ち出すかどうかは別問題で、基本的にホームページには専門性を持たせた方がいいです。「何でも屋」になっちゃあダメなんですね。

特にこちらのお客様の場合、既に専門性を認められてお客さんが来ている状態でしたので、それを打ち消すのは絶対に避けなければいけません。自分自身の専門性を薄めさせる必要はどこにもないんです。

お客様はいつでもプロの的確なアドバイスを求めてきます。その時に信頼度が高いのは、やはりそれに特化している専門家の意見ですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です