小さな会社こそ

先日お打ち合わせをしたお客様から「ホームページのおかげで大きな会社と取引できた」と感謝されました。この地域では誰もが名前を知っている大きな企業だったんで僕らも驚きましたし、嬉しかったですね。

でも、別にこれは不思議ではないというか、小さな会社が大きな会社と対等に渡り合えるのがネットの世界なんですね。ですから、小さな会社こそホームページをうまく使って欲しいなと思います。

といっても、実際の規模以上にネット(ホームページ)上では大きく見せるとか、そんな話ではありません。ホームページはあくまで等身大でいいです。それよりも、自社の強みであるとか想いであるとか、そういうものをきちんと伝えた方がいいですね。

いや「伝える努力」をした方がいいです。伝えているつもりでも伝わっていないのがネットの世界には多いので、これでもかっていうくらい伝え続けて「きちんと伝わる」ことを目指すべきですね。

そういうことが出来てくると、会社の規模に関係なくいろいろなお声がかかるようになります。何故ならば、自然と「必要とされる」からです。ここを理解していないと見当違いのことをしてしまうので、「ホームぺージにさせる仕事」っていうのをきちんと理解した上で動くようにするといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です