小難しい話は…

自分の仕事にこだわりがあればあるほど、伝えたいことはすごく多いと思います。特に専門的なお話であるとか、いわゆる「濃ゆ~いお話」ですね。こういうお話は興味がある方からしたらすごく知りたい部分ですし、専門家としての信頼を与える形にもなるのでどんどん出していった方がいいです。

反して、何も知識がない人…いわゆるまだ興味程度しかない見込み客向けですね。そういう方に向けてすごく噛み砕いた、わかりやすい説明もあるといいです。

ホームページよく言われるのは小学4年生(10歳)でもわかるような書き方になっていないとダメってことですが、それくらいわかりやすくなっていないとダメですし、それくらいじゃないと本当に何も知らない人には伝わりません。

当たり前の話ですが、SEO観点では専門的なコンテンツがとても重要になっています。ですから専門的な話はそういう意味でもあるといいのですが、でもそれは伝え方を工夫すれば十分「伝わる」ようにできますし、専門用語を省いて説明することも難しくありません。

相手に伝わらなければどんなにいいことが書いてあっても意味がありませんので、専門用語は極力排除して、とにかく「伝わる」「わかってもらう」ことを念頭に置いた文章を考えるようにしていくといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です