誤認広告が少しでも減って欲しいですね

ネットの世界には、虚偽広告とか誇大広告なんかが溢れています。そもそもが、広告だとはわからないような状態で広告や記事を出し、そこから売り上げに結び付けるような手法も流行っています。

でも、もしかしたらそれが少しは改善されるかもしれません。消費者庁がやっと重い腰を上げ、新たな「アフィリエイト広告の指針」を作成しました。

アフィリエイト広告で指針 不当表示削除、広告主が責任―消費者庁

今後は、それがどんな広告であっても「広告主」に責任があるとされています。つまり、アフィリエイターなどが自分で誤認広告などを出したとしても、それを管理し不当表示の広告を削除する責任が「広告主」に求められるってことです。

また、それが「広告であること」を、わかりやすい位置に表示しなくてはいけません。今まで「広告」とわかりにくかったものも多かったのですが、これからはどこかに「広告」とか「AD」とか、そういう表示が入る形になります。

まぁ、これがどこまで守られるかは不明ですが、今のぐっちゃぐちゃになっている広告記事と適正記事の境目が、少しでも適正化されるといいかなと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です