雑談を活かす

先日お伺いをしたお客様のところで、打ち合わせが終わって雑談中にこんなことを言われました。「この雑談が重要なんですよ」と。どうも弊社の話の中には雑談の中からかなり拾える話があるようで、いつもこの時間を楽しみにしているとのことでした。嬉しいことですね。

確かに、通常の打ち合わせはどうしてもカタイ話になりがちです。解析結果を考察しての戦略提案をしたりマーケティング手法を指南したり、今は何をすべきなのか、そして何を考えるべきなのかをお話したり、資料のお受け取りをしたり色々な相談に乗ったり…やるべきことはたくさんあるので、どうしても業務業務した対応になってしまいます。

でも、やるべき事が終わったら後は結構くだけたフリートークになります。その中では本当に様々な話をするのですが、どうもお客様の参考になる話が結構隠れているようで…中には「ちょっと待って」といって急にメモを取られるような方もいらっしゃいます。

元々僕は「雑学」が好きで、タメになる情報もタメにならない情報もとにかくインプットするんですが、実は関係ないと思っていても後々何かに関係するようなものも多くて、ビジネスをする上では非常に役立っています。今までの経験で不必要なものが無いように、今までに得た知識って言うのも不要なものは無いんじゃないかと…それは全部「いつかの自分」に必要な事なんじゃないかと思っています。

そしてここでいう「必要」っていうのは、「自分」だけじゃなく「自分の関係する人」も含まれていると思うんですよね。自分の持っている知識が、自分だけじゃなくまわりの人にも喜んでもらえる…素晴らしい事だと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です