細かなキーワード対策

いまやネット検索をするのは、ご飯を食べるのと同じくらい「当たり前」の行為になりました。そして、今はすごく「音声検索」が増えているような印象を受けます。

この音声検索が増えたことで何が起きているか…音声検索をすると「複数のキーワードがくっついた状態」で検索されたり、「話し言葉」で検索されたりします。つまりどういうことかというと…検索エンジン側の解析能力が上がっているんです。これは利用者にとって便利な事この上ないですね。

それと共に、メジャーキーワードじゃないニッチキーワードでの検索も今まで以上に増えています。手軽に検索できて、しかも検索エンジン側で勝手に解析して最適な解を返してくれるものですから、今まで以上に「自分本位」な検索が増えているってことです。

これをSEO的にはどう見ていくべきかというと…「ロングテールSEO」の有効性も非常に高まっているってことです。弊社は昔っからメジャーキーワードもニッチキーワードも両方とも対策していますが、もしかしたらこれからはニッチによる逆転現象がほとんどになるかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です