コンテンツSEO

被リンクの効果が薄れてから「コンテンツSEO」って言葉が流行りだしましたけど、コンテンツを大事にすることなんか以前より基礎中の基礎ですから…。それよりも、コンテンツを量産すればSEO対策になると勘違いしている人が多いのが痛いですね…

今の検索エンジンはかなり優秀です。それこそコンテンツの内容をセマンティックに理解するようになってきています。とってつけたようなページでは意味を成さないというか、逆効果になる可能性さえあります。

これだけ検索エンジンのアルゴリズムが進化してくると、SEOだけを目的にしたページ作りでは何の効果も出なくなってきています。それこそ一昔前のようにキーワードに固執する理由さえなくなってきているのかもしれません。

だからこそ検索エンジン側の目的をきちんと理解しなくてはいけません。検索エンジン側の目的…すなわち、「検索者に求められる良質な検索結果をきちんと返す」ということです。検索者というのは何か目的を持って検索しているわけですから、その目的をきちんと達成させてあげられるような結果を返さなくてはいけないわけです。

そういうところを考えれば、ページの内容に何を盛り込むべきか、どんなコンテンツが必要になるか、構成をどのようにすべきか等、色々なことが見えてくるはずです。どこを見据えてホームページを作るか…そこを見間違うと永久に結果は出ませんので、重要な部分です。逆に言うと、そこさえしっかりしていればSEOの結果でさえ自然とついてきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です