ステップアップ

弊社も時々お客様から「無理難題」を与えられることがありますが、無理難題なんてのはカワイイ方で「理不尽な要求」なんてのをされている方もあるかもしれません。

そういうのは「えー…」と思ったり「嫌だな…」と感じたりするかもしれませんが、でもそれも自分自身を成長させるための壁であり宿題と考えるべきだと思います。それを乗り越えられれば、確実にひとつ階段を上りますから。

なので、そういう場合は「頼られている」と考えればいいんです。他に頼るところがないので自分に無理を言っているのかもしれない…「そうか、自分が頼られているんだ!」と思えば、なんとかしてあげようと力も湧いてきます。

前向きに捉えるか後ろ向きに捉えるかで、お客様の印象も変わるばかりか自分自身の成長度合いも違ってきます。全てが自分の糧になる…そう思い込んで色々なものに立ち向かっていきたいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です