すべてのことは…

嵐の桜井君とアフラックのCMに出ている岸田徹さんは、闘病中に一番胸に響いた言葉として「Think Big」と答えています。これは人生の先輩がお見舞いノートに書いてくれた言葉らしいのですが、「大きく考えろ。長い目で物事を考えよう。人生で起こるすべてのことに意味がある」という意味が込められているんだそうです。

確かに…これは僕もよくわかります。特に「人生で起こるすべてのことには意味がある」って部分…これは自分で自分の道を歩んでいる人は誰しもが共感できる言葉じゃないでしょうか?

人生には無駄なことは何もありません。例えどんなことでもそれには必ず意味があるし、何かしらの伏線だったりもします。その時に気づかなくて後で気づくこともしょっちゅうありますが、本当に無駄なことなんてひとつもありません。全てが全て生きてきます。

そうやって考えるとどんなにネガティブなことでもそれには何かしらの意味があるんでしょうし、何かしらのメッセージが隠されているはずです。超えられない壁はないし、這い上がれない穴はないってことです。

要はどんなことが起きても「諦めない」「くじけない」ってことが大事で、目標を見失わないようにさえすれば何とかなるってことです。それが自力であっても他力であっても何とかなります。これは十数年自分の足で歩んできた実感としてよくわかります。

起こることはすべて「必然」であり、その時の自分にとって「必要」なことです。そうやって考えれば、どんなことでも受け入れられるようになるはずです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です