WordPressが更新されなくなる危険性

WordPressって、基本的に自動更新がなされています。パソコンとかのOSのアップデートと同じですね。常に最新の状態を保って、不具合の対処をしたりセキュリティを強化したりしてるんです。

まぁ、プラグインが動作しなくなる危険性を考慮して「あえてアップデートしない」って人も多いですけど、それでもセキュリティリスクを考えたら常に最新の状態にしておくのが好ましいです。

ただ、そのアップデートに不具合があったみたいで、あるバージョンにアップデートすると「その後は自動更新がされなくなる」みたいです。これは危険です。

具体的なバージョンは「4.9.3」です。バージョン「4.9.2」とかからの自動更新で自動的に「4.9.3」になっている場合、その後のバージョンアップが一切行われなくなってしまいます。

ただ、この問題はWordPress側も把握しているそうで、すぐに対処して「4.9.4」をリリースしてきました。ですから、もし自分のバージョンが「4.9.3」だったら手動更新で「4.9.4」にしてあげれば問題ありません。

なかなかWordPressのバージョンなんて普段気にしない部分だと思いますが、今回だけちょこっと覗いてみて「4.9.3」じゃないかどうかだけ確認してみるといいと思います。(バージョンはダッシュボードの概要を見るだけです。)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です